猫の名はちょいと。

猫と映画好きが綴る、ささやかな日常

モウリーニョみたいな上司が欲しい

前回の記事に書いたように、仕事でミスをしたために消えたくなるような日々を過ごして、やっと休日になった。あー、疲れた。。

 

金曜の夜は、駅から家までの帰り道でこらえていたものが溢れだして、グスグスと泣きながら帰宅した。胸がギューッとなるくらい辛いときは、泣くことが一番すっきりすると知っている。だから思いっ切り泣く。

 

今回は外注に依頼していた仕事でミスがあり、私もクライアントも見逃してしまったのが原因。外注先から報告書をもらったり、社内での報告書を作ったりとものすごく慌ただしかった。

でも何よりグッタリしたのは上司の対応だ。怒るタイプではなく穏やかだけど、女々しいところがある。ミスした私より項垂れて、クライアントよりもまず社内にどう報告するかを気にしていた。その後は「どうしてミスが起こったんだろう…ミスを撲滅する方法はないのか…」と悩みつづけて、いま動いている他メンバーの仕事もチェックしはじめる始末。。

 

ミスした立場で言えることではないが、ミスを撲滅することは不可能に近い(業界的に)。今回はクライアントにも責任があるのと、普段からよい関係が築けていたので実損はなかった。こういう場合、対策をしっかり話し合ったら、次のステップは「残念だけど仕方ない、反省して次がんばろう!」と切り替えることだ。

けれど上司はなかなかそのステップに行けず、ミスが起こることに脅え続けて、来週も話し合うと言っている。なので私もいつまでも切り替えられず、ずっと辛い。周りのメンバーだってしんどい。上司には私の辛さを推し量るような余裕はないみたいだ。

 

なんだか腑に落ちなくて上司の気持ちを考えてみたら、思い出した。その上司は前にいたチームで大きなミスがあったときに、異動を命じられてやってきたのだ。それが相当なトラウマになっているに違いないし、社内的にも立場がないのかもしれない。だとしたらスミマセン。。。

 

だけどアナタ、落ち込んでいたって仕事はどんどん入ってくるのです。さらに人も足りないんだから、年末は残業オンパレード。上司がそんなに項垂れていたらチームの活気だってなくなるし、そういう雰囲気のときってミスが続いたりするもんです。

だから私が応援しているイングランドのサッカーチーム、トッテナムホットスパーをご覧なさい。新しく就任したモウリーニョ監督の手腕を。選手をきちんと適正なポジションに配置し、君は何をしたいのかと本音を探って魅力を引き出し、士気を高めるのです。君たちは最高のプレイヤーだと褒めたおし、もし試合中に交代させても「君には悪いことをした。君は最高のプレーをしていたが今回の戦術のために仕方なく下げたんだよ、申し訳ない。」としっかりフォローする。チーム全体の雰囲気をよくすることが、どれだけ大切なことかを学ぶのです。

 

なんつって、偉そうに語りましたが、ご迷惑をおかけして本当にごめんなさい。