猫の名はちょいと。

猫と映画好きが綴る、ささやかな日常

鳥の求愛ダンスに魅せられて―嶋田忠『野生の瞬間』写真展

いま東京都写真美術館で開催されている、

嶋田忠さんの写真展『野生の瞬間』をみてきた。

topmuseum.jp

 

恵比寿駅から美術館までの道のりに、この写真展の広告がある。

とても美しい青い鳥が、胸を張っている。

 

実際にいってみると入場料700円とはとても思えないクオリティだった。

嶋田さんが魅了されたカワセミからはじまり、暗闇のエリアにはシマフクロウの大きな目が浮かび上がる。ものすごい迫力で、ハッと息をのんだ。

その目はすべてを見透かしているようで、神々しい。

 

そして“世界最古の熱帯雨林”とよばれるニューギニアで撮影された鳥たち。

カラフルなのに調和のとれた羽の色、なんのために付いてるの⁉と思うような面白い飾り。頭から針金みたいのが2つビョーンと伸びていて、その先にはふざけているとしか思えないボンボンを付けている。いや、付けているわけではなくてその姿で生まれてきたんだ。それがまた不思議なこと。

 

派手なのはだいたいオスで、彼らはその飾りを存分に生かして求愛ダンスを踊る。

まずはメスを呼ぶための家を作って、そこでダンスの練習。下心が見え見えだ。

そうして自信がついたらメスの前へ。ちょっと時間をもらって、枝や落ち葉を片付けてステージ作りをしてから。足元がキレイじゃないと動きにくいからね。

やっとこさ準備が整うと、全身の羽をファサーっ逆立てていく。体全体をおおきく膨らませたらダンスのはじまりだ。跳ねたり回ったりその軽快なこと!バシッと決めた姿は、まるで歌舞伎役者のようだった。

人も鳥も、自信をつけるって大事なことだよね、と実感するビフォーアフター

 

求愛するために生まれてきたともいえる姿のオスたちは、そうしてマメに準備を整え、練習を重ねてからステージに立っていた。頭にヘンなのを付けているからと言って馬鹿にできない。むしろものすごーく応援したくなる。

恋愛は本気!本気でかかれ!というありがたい教えをいただいて、ポストカードも買って、大満足で帰路についた。