猫の名はちょいと。

猫と映画好きが綴る、ささやかな日常

ブリジットジョーンズと同い年になっていた

Amazonプライムで100円セールになっていたブリジット・ジョーンズの日記

初めて観た頃は「おばさんの話」というイメージだったはずだが、いつの間にか彼女と同い年になっていた。

 

久しぶりに観ても、彼女は魅力的だ。

イライラすることがあっても笑顔を忘れず、落ち込んだときはとことん酒を飲み、ポジティブに復活を遂げる彼女には、同世代として観るとグッとくるものがある。

そうだよね、人生楽しく生きなきゃ。

図太くなることも必要だよ、女の人生には。

私と違ってグラマラスだし、コリン・ファースのような色気のある男性と幼馴染ってところが羨ましいけどね。

 

グラマラスといえば、先日彼が「乳がん検診って、挟むから痛いんでしょ?」と聞いてきた。エコーもあるみたいだよと返したら、「ふーん、そっか。。やっぱり挟むのは痛そうだしね。」とヤケに挟むことにこだわっている。

そして少しの静寂のあと、「(わたし)の場合・・・挟めるのかな?」と呟いた。

さようですか。それを心配してくだすったのですか。

 

わたしだって聞きたいよ!!