猫の名はちょいと。

猫と映画好きが綴る、ささやかな日常

保護猫をもらったときのお話②

前回の記事はこちら

 

www.tyoito.com

 

猫を保護しているシェルター「キャットガーディアン」には、様々な猫たちがいた。

大人になった猫は自由に歩き回っていて、中にはエイズだったり、怪我をしている猫もいる。わたしの環境では飼うのが難しいけれど、みんな個性的で人懐っこいのがかわいい。

 

子猫たちは、別の部屋でゲージに入っていた。布をかじって遊んだり、ハンモックに揺られて眠っている。

わたしは生後3ヶ月になるメス猫を見ていた。これまでの経験から、1人暮らしならメス猫の方が飼いやすいだろう考えていて、この子なら良さそうだと思った。

抱かせてもらおうと係りの人に声をかけると、「その子は何でもかじってしまう癖があって、ティッシュや紙をかじって飲み込んじゃうんです。だから一人暮らしには難しいかも・・・」と教えてくれた。

うーん、それは確かに大変だ・・・残念だけど諦める。

 

しばらくウロウロしていると、こんどはトラ柄のオス猫がいる。大人しく眠っていて、こちらも生後3ヶ月で保護されたと書かれていた。

係りの人にお願いして抱っこさせてもらうと、かなり怯えた目で私を見つめ、プルプルと震えている。そのプルプルが止まらないのであまりにも気の毒で、だけど可愛くて「怖いよね、ごめん〜」と言いながら笑いが止まらなかった。

 

人間に追いかけられて保護されると、それがキッカケで人嫌いになってしまう猫がいる。いま抱いている猫もそうかなと不安になったけれど、係りの人もオススメですよと太鼓判を押してくれたし、何よりそのトラ柄に一目惚れしたので、この子にしよう!と即決した。

 

それから猫を引き取るための説明を受け(猫を守るためちょっと厳しい内容だ)、避妊手術の費用や、これまでの餌代などを含めたお金を支払った。

そしてちゃっかり持参したゲージにその子猫を入れてシェルターを後にした。

 

ちょうど今のような梅雨の時期、わたしはゲージの重さと緊張と、これから猫と一緒に暮らせるという興奮で汗だくになりながら、大塚駅から電車にのった。

 

いまでも梅雨になる度、あの日を懐かしく思う。猫とわたしの二人暮らしはそうして始まった。

 

↓シェルターにいた時の猫

f:id:tyoitotto:20190704000644j:image