猫の名はちょいと。

日常をできるだけ愛らしい言葉でアウトプットする場所。

同年代との恋愛が難しい

30歳を過ぎて実感していること。同年代の男性と付き合うことが、とてもとても難しい。

 

わたしは仕事が好きな人が好きだ。毎日をカラッポの頭でやり過ごしながら、週末のデートのことばかり考えているような男性に好かれてもあまり嬉しくない。

 

そうすると、付き合うのは仕事との距離が近い人ばかりになる。人によっては働く時間をコントロールできるくらいのポジションだったりするけど、ほとんどは「働き盛りの若者」として扱われている世代だ。「日曜の夜は、翌日のために18時くらいには家にいたいな。メールチェックもして心の準備をしたいから。」という人もいるくらい、彼らの抱えているプレッシャーは計り知れない。

 

そんな生活を送る人と付き合うことは当然難しく。最初のうちこそ恋愛のよろこびで生き生きとしているけど、2ヶ月くらい経つ頃にはもう仕事モードに戻っていく。むしろ仕事も彼女も抱えて、ちょっと疲れている。(要領のいいイケイケ男子を除いて)

 

女性はいくつもの事を同時に考えられるが、男性は一つの事しか考えられないというのは本当のようだ。そんな不便な仕組みだから「いろいろ考えるよりも仕事だけしている方が楽だー」とか言って、仕事を逃げ道にしてしまう人もいる。私はお金にならないけど仕事はお金になるもんね、と悲しい気持ちで見送る女性がたくさんいると思うと泣けてくる・・・

 

さらに追い討ちをかけるのが、私の年齢。20代の彼女ならば多少待たせても・・・と思えるところを、巷にあふれる情報により「30歳を過ぎた女性は待たせてはいけない、こどもを産めるのにもリミットがある。」というプレッシャーで、心優しい男性たちはもはや三重苦なのだ。

 

時限爆弾を抱えたような扱いをされるのは哀しいけど、いくら「今すぐ結婚しなくてもいいよー」といってもやはりズルズルと長引かせたくないというのも事実。だから、ごめんねとしか言えません。ごめんね。

 

もっと歳上の人と付き合ったらうまくいくのかもしれない。でも同年代のあの気楽さと、若さを残しながらも落ち着いてきたいい具合の魅力が好きなのだ。

 

いまはフリーランスで働いている同い年の彼と付き合いはじめたのだけど、もう既に仕事モードに戻っている。知恵袋などで男性の気持ちを検索しては、「もうアカン。いや、まだいける!」と一喜一憂してしまう無意味な時間も多い。ここからどう転ぶかはわからないけど、気持ちには波があるので焦って答えを出すのはやめよう。

 

相手をいつまでも恋の盲目状態でいさせて、そのまま結婚まで突っ走れるような美貌でもないし、そんな状態で結婚したいとも思っていないし。(ほぼ負け惜しみですけど)

 

若い頃には想像できなかったものたちと戦っている日々である。