猫の名はちょいと。

日常をできるだけ愛らしい言葉でアウトプットする場所。

私と猫の体調がシンクロしているかもしれない

最近、私はちょっと太った。

知らぬ間に3キロくらい。

一緒に暮らしている猫を見ると、ヤツもどうやら腹が丸くなったようだ。

ある事件から、私と猫の体調はシンクロしているのかもしれないと感じている。

 

2年ほど前に、私は大人のおたふく風邪にかかった。

朝起きたら顔のエラあたりがキリキリと痛んで、鏡を見ると右側の頬がぷっくりと膨らんでいた。

中には高熱が出る人もいるらしいが、私は軽度だったようで2日ほど微熱が出て治った。

とはいえ腫れてブスになった顔を見るのは辛いし、食べ物を食べるとキーン!と激痛がするもんだから、それなりにしんどかった。

 

やっと腫れも引いて、仕事に復帰した日。

家に帰ると、玄関で待っていた猫の顔がなんだかおかしい。

ん?アンタ太った?

あれ、でも片側だけ膨らんでる!ブサイク〜!

と笑ったのも一瞬で、どうやら元気もなさそうだ。

もしや、これは。私のおたふくがうつったとしか思えない!

 

翌日、会社に連絡を入れてから動物病院へ連れていく。

先生に「あの〜私、数日前までおたふく風邪だったんですけど。猫にうつったりします?」と聞いてみると、

「いやいや、それは無いですね〜」と笑って否定された。

まぁ、そうだよね。

 

だけど結局原因もわからず、腫れが引くように抗生物質だけもらって、あとは様子を見ましょうということに。

そして2日後の夜。猫は首元が気になるらしく、足でポリポリ掻いている。

その時ツメが膨らみに引っかかったらしく、ピュー!と血が飛び出した。

ぎゃー!という私の声に驚いて走り回る猫、部屋中に垂れる血。

首元には小さな穴が空いて、溜まっていた膿やら血が出たらしい。

すごく痛々しいが、さっきよりも元気になっている猫。

 

翌日、また会社に連絡を入れてから動物病院へ。

先生は「あー、悪いものが全部出ちゃったみたいですね。これで腫れが引けば大丈夫」とのこと。とにかく一安心。

包帯を巻かれ、エリザベスカラーを付けて帰宅した猫は、いつもより甘えん坊になってとても可愛かった。

 

それ以来、猫を観察していると私とシンクロしていることが多いような。

私がなんとなーく体がだるい日は、猫もグデーとしているように見える。

私がイライラしている日は、猫パンチで頭を叩かれたりする。

半分くらい気のせいかもしれないけど。

 

なので、猫のためにも自己管理をせねばと思っている。

猫も人間も、体は資本。健康が一番。

お互いの体を思いやって、一緒に長生きしていきたいものである。